記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

GLP-1受容体を標的とした2型糖尿病治療とは?

DIABETES UPDATE Vol.7 No.3, 4-13, 2018

食事摂取により血糖値が上昇すると小腸から分泌され,膵β細胞に作用してインスリン分泌を促進するホルモンとしてインクレチンが知ら...

特集にあたって

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 147, 2017

糖尿病は膵β細胞からの分泌されるインスリンの絶対的・相対的な低下,あるいは,標的臓器である肝臓や骨格筋などにおけるインス...

GLP-1受容体作動薬の可能性を探る

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.4, 38-42, 2014

わが国では,インクレチン関連薬が2009年より相次いで上市され実臨床の場で使用されており,GLP-1受容体作動薬は現在,4剤が使用可能...

1 インクレチンによる摂食調節機構

The Food Intake Regulation Mechanism of Incretin

アンチ・エイジング医学 Vol.10 No.2, 18-23, 2014

「はじめに」 摂食は恒常的摂食(homeostatic feeding)と快楽的摂食(hedonic feeding)に大別され, 中枢と末梢を結ぶエネルギー代謝制...

インクレチン治療薬の処方戦略 GLP-1受容体作動薬:利点と課題

GLP-1 receptor agonists: efficacy and clinical implications for type 2 diabetes.

Pharma Medica Vol.32 No.2, 47-50, 2014

「はじめに」インクレチン作用とは, 食事摂取に伴い消化管の内分泌細胞から血中に放出され, 血中グルコースと協調し, インスリン分泌...

糖尿病治療の新しい展開―インクレチン

アンチ・エイジング医学 Vol.8 No.2, 70-75, 2012

「糖尿病治療の課題」 糖尿病治療の目標は, 血糖・体重・血圧などのコントロールによって, 糖尿病合併症の発症や進展を抑制し, 糖尿...