記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

パーキンソン病での自律神経症状

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 32-38, 2017

パーキンソン病(PD)は,黒質ドパミンニューロンなどの変性に伴い,運動障害を来す代表的な錐体外路疾患である1)。一...

パーキンソン病における排尿障害の画像所見

Frontiers in Parkinson Disease Vol.6 No.1, 30-34, 2013

「はじめに」パーキンソン病(PD)は, 筋固縮・動作緩慢・振戦・姿勢反射障害などの運動障害を呈する疾患であるが, 近年PDの非運動性徴...

パーキンソン病の排尿障害(4)排尿障害の実験的検討

排尿障害プラクティス Vol.21 No.1, 31-38, 2013

パーキンソン病では過活動膀胱を中心とした排尿障害が多くの症例で認められるが, 発症メカニズムはよくわかっていない. ただ, 正常・...

パーキンソン病の排尿障害(2)排尿機能検査(圧尿流測定を含めて)

排尿障害プラクティス Vol.21 No.1, 15-22, 2013

パーキンソン病(PD)の排尿障害を排尿機能検査所見の観点から述べた. パーキンソン病自体の排尿障害は, 検査上, 未治療早期例およびウ...

パーキンソン病におけるジスキネジア発症のメカニズム

Frontiers in Parkinson Disease Vol.5 No.3, 22-28, 2012

「はじめに」L-ドパはパーキンソン病(PD)治療の中心となる薬物であるが, 長期投与により運動合併症を呈するのが最大の問題である. 代...

神経疾患における夜間頻尿と尿失禁

排尿障害プラクティス Vol.19 No.2, 33-39, 2011

 神経疾患による排尿障害の病態は複雑かつ難解であるほか,経時的に変化することがあるため,病状および原因の把握や処置に難渋する...

大脳基底核と排尿制御

―パーキンソン病との関連―

Frontiers in Parkinson Disease Vol.3 No.4, 22-26, 2010

大脳基底核は, 運動のみならず, 膀胱機能に深くかかわることが最近の研究で明らかになってきた. 基底核回路に障害をきたすパーキンソ...

脳卒中後の排尿障害

―特に尿貯留なしに頻尿を訴える時の対策―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 39-46, 2007

脳血管障害には種々のものがあるが, 出血や梗塞により急激に片麻痺や意識障害を来す脳卒中(通常一側半球に単発する)と, ラクナと呼ば...