記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全18件中)

英語論文執筆のポイント

Frontiers in Glaucoma No.60 17-24, 2020

緑内障の領域に限らず論文執筆は研究活動の証であり,研究成果を世に問うものである.その際,論文を日本語ではなく英語で執筆し,英...

印象に残った緑内障患者さん

Frontiers in Glaucoma No.57, 15-23, 2019

杉山 日々の臨床で我々医者はさまざまな患者さんに出会い,その一人一人の診療を通して経験を積み,成長していきます.患者...

治療継続率向上のためのアプローチ

Frontiers in Glaucoma No.56, 29-39, 2018

緑内障は生涯継続しての治療が欠かせない疾患であるにもかかわらず,さまざまな要因により治療開始初期での脱落が多いことが報告され...

緑内障の早期治療,積極治療を考える

Frontiers in Glaucoma No.53, 19-29, 2017

山本:高齢社会となったわが国では平均寿命がどんどん延びており,生活の質(QOL)の保持が大切な要素となっています.なかでも視覚...

患者様の満足度を高めるためのドライアイ診療とは

~術後②緑内障編~

Frontiers in Dry Eye Vol.12 No.1, 48-50, 2017

実は緑内障診療はocular surfaceととても関連が深い。なぜかというと,一つには大量に長期間使われる緑内障治療薬。これが角結膜上皮...

緑内障surgeonになるために―手術がうまくなるコツ

Frontiers in Glaucoma No.52, 31-39, 2016

近年,緑内障に対する治療の進歩は目覚ましく,特に外科的治療においては,これまで線維柱帯切開術(トラベクロトミー)と線維柱帯切...

緑内障患者さんのアドヒアランス向上を目指して

Frontiers in Glaucoma No.49, 15-23, 2015

「アドヒアランス・継続通院の現状」「1.アドヒアランス低下の現状と要因」山本(司会):ご存知のように緑内障は失明に至る...