記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

5. 肥満症に合併する代表的疾患の治療のポイント

1. 耐糖能障害と高血圧

The Lipid Vol.28 No.4, 38-44, 2017

生活習慣への介入による3%程度の体重減少により,肥満に伴う耐糖能異常,高血圧,脂質,肝機能,高尿酸血症などの健康障害の改善が...

糖尿病とエピジェネティクス

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.6, 55-62, 2016

エピジェネティクスとは,DNA塩基配列の変化を伴わない後天的な遺伝子制御の変化を一般的に指し,ゲノムDNAのシトシンのメチル化やヒ...

アディポネクチン受容体機能低下に伴う臓器記憶の変容

血管医学 Vol.16 No.4, 35-42, 2015

「Summary」過食・運動不足などによる肥満に伴って慢性炎症が惹起され,これらを基盤病態とするメタボリックシンドローム・糖尿病・...

アディポネクチン受容体シグナルの運動模倣効果とミトコンドリア活性化メカニズム

Identification of Novel Intracellular Signal Transduction Pathways Activated by Adiponectin/AdipoRs and Development of Exercise-Mimetics

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.3, 58-64, 2015

「はじめに」わが国の死因の上位を占める心血管疾患(心筋梗塞,脳梗塞など)の主要な原因は,エネルギー収支バランスの崩れによる肥...

アディポネクチン

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.1, 15-22, 2015

「Question」アディポネクチンについて教えてください.「A 1.肥満と寿命の関係」地球上のすべての生物の進化は,飢餓や低栄...

春日雅人先生(国立国際医療研究センター総長)

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.4, 4-8, 2014

「外科全盛期に糖尿病学の追究の道を選ぶ」山内:本日は春日先生にこれまでの研究の歩みを伺いながら,糖尿病学の展望や若い先...

アディポネクチン受容体とその作用増強物質

Diabetes Frontier Vol.25 No.6, 669-675, 2014

「はじめに」わが国の死因の上位を占める心血管疾患(心筋梗塞・脳梗塞など)の主要な原因は,エネルギー収支バランスの崩れによる肥...

チアゾリジン誘導体

The Lipid Vol.24 No.2, 51-57, 2013

[Summary] チアゾリジン誘導体は, PPARγのアゴニストとして作用し, 小型の脂肪細胞の数を, 特に皮下脂肪において増加させ, インスリ...