記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全22件中)

抗不整脈薬:先輩から後輩へのメッセージ

Cardio-Coagulation Vol.6 No.2, 6-14, 2019

現在,ほとんどの不整脈がカテーテルアブレーションにより根治をめざすことができるようになっている。そのため抗不整脈薬を使用する...

DOACが突きつけた課題

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 6-12, 2018

心原性脳塞栓症の予防には,これまで半世紀近くワルファリンがほぼ唯一の選択肢であった。しかし近年,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC...

心房細動リスクスコアと日本人

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 6-14, 2017

心房細動に対して抗凝固療法を実施する場合,心原性脳塞栓症予防というベネフィットと出血性合併症のリスクを考慮しなければならない...

4.抗凝固療法Up-To-Date

Anticoagulation therapy Up-To-Date

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 34-41, 2016

「Summary」超高齢社会を迎えるわが国において,今後心房細動患者の増加,またその高齢化が予想され,リスク管理はますます重要にな...

4 心原性脳梗塞

WHITE Vol.4 No.1, 37-42, 2016

「はじめに」心血管疾患において,さまざまな男女差が存在することが従来より指摘されている.心房細動においても,男女差は明らかに...

基礎 最新の心房細動治療に関するガイドラインの変更点を知る

Recent Japanese Guidelines for AF Management

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.1, 23-26, 2015

「はじめに」心房細動治療は日進月歩の勢いで進化している。それに呼応するように欧米では年ごとにガイドラインがアップデートされる...

特集によせて

血栓と循環 Vol.22 No.2, 5, 2014

社会の高齢化, 血栓症の増加に伴い, 国民死亡における血栓症の位置づけが高まっている. このような背景の中, さまざまな新規抗血栓薬...

不整脈とバイオマーカー

Arrhythmia and biomarker

Angiology Frontier Vol.13 No.2, 27-32, 2014

「Summary」 心房細動は日常臨床において多く遭遇する不整脈の1つであるが, 血栓塞栓症や心不全を合併することがある疾患であり, こ...