記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 5件目 (全5件中)

小児科領域からみた加齢の影響

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 29-35, 2017

小児期には喘息が発症し,ある者は寛解し,ある者は成人に移行していく。小学生でみれば発症は3歳までが多く,その後,小学生の時期...

小児重症喘息の現状と展望

喘息・アレルギー Vol.30 No.1, 45-50, 2017

小児では入院を要する発作を起こすような難治性といわれる喘息患者は減少してはいるものの,重症喘息は乳幼児期と思春期に多くみられ...

小児喘息に対するオマリズマブ

喘息 Vol.28 No.1, 98-102, 2015

「はじめに」気管支喘息(以下,喘息)は,難治例では死亡することも念頭に置く必要がある。近年,吸入ステロイド薬(inhaled cortic...

小児気管支喘息の疫学

喘息 Vol.21 No.1, 26-34, 2008

「Summary」小児気管支喘息の最近の動向は, 保健福祉動向調査やISAAC調査である程度わかってきた. 平成17年に実施した喘息期間有症率...