記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

脈管侵襲陽性肝癌の治療限界

The Liver Cancer Journal Vol.9 No.2, 13-19, 2017

門脈や肝静脈などの脈管への侵襲は肝細胞癌の重要な予後因子であり,腫瘍栓の進展に伴い予後はさらに不良となる。脈管侵襲陽性肝細胞...

5FU-インターフェロン療法

Combination therapy of intraarterial 5FU and systemic IFN α for advanced hepatocellular carcinoma.

Pharma Medica Vol.33 No.1, 43-46, 2015

「はじめに」肝癌に対する薬物療法として,プラセボとの無作為比較試験で有効性が証明された薬物は,2009年に承認されたソラフェニブ...

杏雲堂病院肝臓内科の肝細胞癌に対する取り組み 標準治療適応外の進行肝細胞癌患者の最後の砦として,癌の進行度,背景肝,患者の感情や環境,倫理性などからベストと思われる着地点へのソフトランディングを目指す

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.4, 38-43, 2014

公益財団佐々木研究所附属杏雲堂病院は,1882年に創立された130年以上の歴史をもつ病院である。肝臓内科は,1998年から東京大学消化...

第9回日本肝がん分子標的治療研究会記録集

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.1, 57-64, 2014

(当番世話人)高山忠利 日本大学医学部消化器外科開催日時:2014年1月25日(土) 会場:海運クラブ「The Liver Cance...

第8回優秀演題論文集 Session3 進行肝細胞癌に対するソラフェニブの初期投与量―安全性と有効性の検討―

The Liver Cancer Journal Vol.5 No.4, 68-69, 2013

[はじめに] 本邦の肝細胞癌症例は, 欧米諸国の症例と比較すると大きな相違点がある. たとえば, (1)背景肝の約80%がC型慢性肝炎・肝硬...

杏雲堂病院 肝臓科

Frontiers in Gastroenterology Vol.13 No.1, 35-38, 2008

「はじめに」杏雲堂病院は, 東京駅より中央線で2つ目のお茶の水駅前にあります. お茶の水は東京大学医学部附属病院, 東京医科歯科大...