記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全25件中)

座談会 難治性疾患を標的とした先進医療戦略

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 63-68, 2017

森下 本日は「再生医療・遺伝子治療の進展」をテーマとして専門の先生方をお招きし,循環器領域の現状や今後の可能性についてお話を...

血管再生のメカニズム

血管医学 Vol.17 No.1, 9-15, 2016

「Summary」血管新生に関する研究は,血管内皮増殖因子(VEGF)などの血管新生因子が同定され,血管構成細胞(血管内皮細胞,平滑筋...

Ⅱ.疾患特異的iPSの臨床 2.循環器疾患における現況

The present state of the studies of cardiovascular disease using patient specific iPS cells

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 41-45, 2015

「Summary」iPS細胞の登場により,これまでは困難であった「患者の遺伝情報を有した心筋細胞」を入手することが可能となった。循環器...

柏原直樹×小室一成

Cardio-Renal Diabetes Vol.4 No.1, 28-33, 2015

わが国における透析患者数は年々増え続け,患者の生命予後やQOL,さらには医療経済的な面からも重大な状況に直面している。また,透...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.31 No.5, 7-8, 2013

世界的に心不全の患者数と死亡者数が急増しており, 大きな問題となっている. 増加の原因は, 生活習慣の欧米化に伴い, 心筋梗塞などの...

5. 血管の老化と脳の老化

Anti-aging Science Vol.5 No.2, 33-38, 2013

「I はじめに」認知症は患者自身の生活の質を低下させることは当然であるが, それ以外にも家族などの介護者への負担が増し, 身体的, ...

Wntとエイジング

アンチ・エイジング医学 Vol.9 No.2, 68-75, 2013

「Wntシグナル伝達系」 Wntは分子量約4万の分泌性糖タンパク質であり, 種を越えて幅広く保存されている. ショウジョウバエで最初に同...

(座談会)心不全総論

CARDIAC PRACTICE Vol.24 No.3, 63-68, 2013

[はじめに] [小室] 心不全の患者数は年々増加しており, 心不全による死亡者数の増加をいかに防ぐかが今後の大きな課題です. 一方, 近...

最近のトピックス 老化と心不全をつなぐWntシグナル

CARDIAC PRACTICE Vol.24 No.3, 23-28, 2013

[はじめに] 心不全は加齢とともに増加する加齢関連疾患であり, 高齢者の入院の主因となっている. また, 加齢は独立した心不全の危険...