記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

アトピー性皮膚炎の治療

~バリア異常と分子標的薬の接点~

Pharma Medica Vol.36 No.4, 31-35, 2018

病態は,臨床症状は個々の悪化因子,病歴,そして病期によって異なる。その病態を形成する主要な要因としてバリア機能異常,アレルギ...

蕁麻疹に対するステロイドの使い方を教えてください

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 49, 2016

「A」蕁麻疹にはさまざまな病型,病因・病態があり,病態に応じた治療を必要とする.蕁麻疹の診断の際には,皮疹を生じさせる直接刺...

Topics 1.メタボリックシンドロームとアトピー性皮膚炎

Metabolic syndrome and atopic dermatitis

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.1, 25-27, 2015

「Summary」アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis;AD)は慢性炎症疾患であるとともに,その経過でさまざまな臓器のアレルギー炎症が...

発汗制御にかかわる新たな分子機構

Molecular mechanism of sweating activities

皮膚アレルギーフロンティア Vol.12 No.2, 17-21, 2014

[Summary] 発汗過多あるいは欠乏に伴うさまざまな症状は患者の生活の質を著しく低下させる. 発汗活動を適正な状態に戻す, 低侵襲性か...

特集にあたって

皮膚アレルギーフロンティア Vol.12 No.2, 5, 2014

発汗研究は従来の生理学的, 形態学的な手法から新たな組織イメージンク法, 免疫学的な方法論を用いた研究が進み, アレルギー疾患の新...