記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全13件中)

婦人科悪性腫瘍の食事

Pharma Medica Vol.37 No.2, 78-81, 2019

婦人科悪性腫瘍には主なものに、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんがあります。女性のがんの罹患率で現在は1位に乳がん、5位に子宮...

子宮頸がんに対する薬物療法の最近の動向

Pharma Medica Vol.37 No.2, 43-47, 2019

子宮頸がんに対する薬物療法は,遠隔転移のある場合や再発した場合の化学療法として行われてきた。また初回治療においては放射線治療...

子宮頸がんの妊孕能温存手術

Pharma Medica Vol.37 No.2, 39-42, 2019

わが国における子宮頸がんの罹患者数は漸増傾向にある一方,成人女性の初婚年齢は上昇傾向にあり(2016年の統計で平均29.4歳),妊孕能...

子宮頸がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 33-38, 2019

子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術は,1992年にNezhatらにより初めて報告され,欧米では,多くの施設で導入されている。わ...

婦人科がんサバイバーに対するホルモン補充療法

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.24 No.4, 61-68, 2017

婦人科がんサバイバーの諸症状・疾患に対し,ホルモン補充療法 (hormone replacement therapy;HRT) は理に適った,有用な方法である...

新世代の分子標的治療 泌尿器科がん・婦人科がん

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 45-57, 2017

泌尿器科がん,婦人科がんの領域では,分子標的治療の開発が腎細胞がん以外は遅れていたが,最近急速に進んできた。泌尿器科が...

各種がんと生殖機能温存

(1)子宮頸がん

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 37-39, 2016

わが国において子宮頸がんの罹患患者数は近年漸増傾向で,特に20~30歳代の若年者の罹患数が年々増加傾向にあり,妊孕性温存希望の子...

放射線治療と分子標的治療の併用療法

Concurrent radiotherapy with molecular targeting agents

がん分子標的治療 Vol.13 No.3, 22-26, 2015

「SUMMARY」近年,多数の分子標的薬が開発,使用されているが,放射線治療(RT)との併用療法において有効性を示しているがん種,薬...