記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全11件中)

婦人科悪性腫瘍の食事

Pharma Medica Vol.37 No.2, 78-81, 2019

婦人科悪性腫瘍には主なものに、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんがあります。女性のがんの罹患率で現在は1位に乳がん、5位に子宮...

子宮肉腫に関する最近の話題

Pharma Medica Vol.37 No.2, 63-67, 2019

子宮肉腫はまれで,予後不良な疾患である。子宮肉腫の診断は,2014年のWHO分類で表11)のように分類されたが,病理学的に...

子宮体がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 57-61, 2019

子宮体がんの初回治療は手術療法であり,手術で摘出困難なⅣ期症例を除いては原則手術療法が施行される。手術術式は,子宮摘出術式と...

子宮体がんの手術療法

Pharma Medica Vol.37 No.2, 49-55, 2019

子宮体がんの約半数は子宮に限局した早期がんであるため,手術療法は初期治療において中心的な役割を果たしている。一方,再発高危険...

婦人科がんサバイバーに対するホルモン補充療法

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.24 No.4, 61-68, 2017

婦人科がんサバイバーの諸症状・疾患に対し,ホルモン補充療法 (hormone replacement therapy;HRT) は理に適った,有用な方法である...

新世代の分子標的治療 泌尿器科がん・婦人科がん

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 45-57, 2017

泌尿器科がん,婦人科がんの領域では,分子標的治療の開発が腎細胞がん以外は遅れていたが,最近急速に進んできた。泌尿器科が...

各種がんと生殖機能温存

(2)子宮体がん

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 41-44, 2016

子宮体がんの生殖機能(妊孕性)温存治療は高用量プロゲステロンによる。多くの後方視的検討や,わが国で行われた前向き試験によりエ...

がんを併発した2型糖尿病患者の症例報告

DIABETES UPDATE Vol.5 No.1, 32-37, 2016

「はじめに」日本人の2人に1人ががんになる時代である。高齢社会の進行および糖尿病患者数の増加と相まって,糖尿病とがんを併発する...

放射線治療と分子標的治療の併用療法

Concurrent radiotherapy with molecular targeting agents

がん分子標的治療 Vol.13 No.3, 22-26, 2015

「SUMMARY」近年,多数の分子標的薬が開発,使用されているが,放射線治療(RT)との併用療法において有効性を示しているがん種,薬...