記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全69件中)

BRAF遺伝子変異について教えてください。

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 76-79, 2019

BRAFはARAF,CRAF(RAF-1)とともにRAFファミリーを構成し,766個のアミノ酸からなる約74kDaのセリン/スレオニンキナーゼ(タンパク...

Column 熊本市での検診で大腸癌を減らす試み

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 54-56, 2019

大腸癌は,検診の費用対効果がもっとも高いがん検診の一つであるが,本邦での大腸癌死亡数はいまだ微増の状態である。大腸がん検...

Column 大腸がん検診,ADR向上,サーベイランスに於ける私の工夫

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 52-53, 2019

検診と通常の保険診療はその目的が異なることから,その資金源(予算),システムなどすべてが別であるべきである。実際,大腸がん検...

腸内細菌と大腸がん

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 39-44, 2019

ヒトの腸内には500~1,000種類からなる約100兆個の細菌が存在しており,腸内細菌叢という一種の生態系が形成されている。生活習慣や...

Germline変異が関与する大腸がんとその治療

がん分子標的治療 Vol.17 No.1, 51-56, 2019

リンチ症候群は,ミスマッチ修復機構に関与する遺伝子の生殖細胞系列バリアントが原因となり,大腸がんや子宮内膜,卵巣,胃,小腸,...

大腸がんのスクリーニングはどのようにすべきか?

免疫法便潜血検査を推奨する立場から/大腸内視鏡検査を導入すべきという立場から

THE GI FOREFRONT Vol.15 No.1, 53-63, 2019

大腸がん検診は便潜血検査,内視鏡検査のいずれにも科学的根拠が示されている。しかし,がん検診をがん対策として導入するためには他...

マイクロバイオーム研究の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 56-63, 2019

各種がん領域において免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が非常に注目されている。しかし,効果が得られる患者は一部であり,稀では...