記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

中和薬の有効性と今後の展望

Cardio-Coagulation Vol.5 No.3, 33-41, 2018

抗凝固薬の最大の合併症は出血性合併症である。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場し,ワルファリンと比較し大出血発現率は同等か...

ダビガトランの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 15-21, 2018

ダビガトランはDOACのなかで最初に「非弁膜症性心房細動に伴う脳卒中と全身性塞栓症の予防」を適応として2011年に登場した。150mg1...

抗⅕a活性

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 42-47, 2017

直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)として,わが国では現在,非弁膜症性心房細動に対して直接トロンビン阻害薬のダビガトラン,Ⅹa阻害薬...

心房細動患者の脳梗塞予防―抗凝固療法の立場から

Prevention of stroke in patients with atrial fibrillation by anticoagulant therapy

脳と循環 Vol.21 No.2, 47-51, 2016

「SUMMARY」高齢になればなるほど,非弁膜症性心房細動(NVAF)の有病率とNVAFからの脳梗塞発症リスクが増大するとともに,大出血や...

経口抗凝固薬服用時の出血性合併症とその対処

Prevention and treatment for hemorrhagic complications during anticoagulant therapy

脳と循環 Vol.20 No.2, 49-52, 2015

「SUMMARY」大出血や頭蓋内出血関連因子として,高齢者,日本人を含むアジア人,脳卒中の既往,MRI-T2*画像での微小出血...

特集によせて

血栓と循環 Vol.22 No.2, 5, 2014

社会の高齢化, 血栓症の増加に伴い, 国民死亡における血栓症の位置づけが高まっている. このような背景の中, さまざまな新規抗血栓薬...

不整脈とバイオマーカー

Arrhythmia and biomarker

Angiology Frontier Vol.13 No.2, 27-32, 2014

「Summary」 心房細動は日常臨床において多く遭遇する不整脈の1つであるが, 血栓塞栓症や心不全を合併することがある疾患であり, こ...

抗凝固療法と頭蓋内出血

Anticoagulant Therapy and Intracranial Hemorrhage

脳と循環 Vol.19 No.2, 33-37, 2014

「SUMMARY」 新規経口抗凝固薬(novel oral anticoagulants:NOAC)における頭蓋内出血発症率はワルファリンと比較して大幅に低い. その...

3.末梢血管,静脈血栓塞栓症(VTE/PE・DVT) 34.非手術患者における静脈血栓塞栓症の予防:抗血栓療法と血栓症の予防法第9版:American College of Chest Physicians (ACCP)エビデンスに基づいた臨床ガイドライン/35.末梢動脈疾患における抗血栓療法:抗血栓療法と血栓症の予防法第9版:American College of Chest Physicians (ACCP)エビテンスに基づいた臨床ガイドライン

血栓と循環 Vol.22 No.1, 161-164, 2014

出 典34:Kahn SR, et al:Prevention of VTE in nonsurgical patients: Antithrombotic Therapy and Prevention...