記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全23件中)

新着Ⅱ 腰痛診療 ③慢性腰痛に対する集学的治療

Pharma Medica Vol.38 No.1, 33-37, 2020

腰痛は男性では最も多い,女性では肩こりに次いで多い症状であり,難治化する例も少なくない。非特異的腰痛の臨床経過を研究したレビ...

HIV感染者が抱える精神疾患とメンタルヘルス

―その特徴と支援―

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.10 No.1, 26-32, 2019

医学的進歩によってHIV感染症は長期療養が可能となった一方,メンタルヘルスの課題が指摘されている。本稿では,しばしば混同される...

多職種連携支援 ③地域での早期発見・早期支援

Pharma Medica Vol.37 No.8, 33-36, 2019

小児科医は,かかりつけ医や主治医として,予防接種,乳幼児健診,日常診療で,頻回に,しかも,継続して子どもや家族と出会う。多く...

多職種連携支援 ②地域の保健行政の役割

~学校との連携の観点から~

Pharma Medica Vol.37 No.8, 29-32, 2019

発達障害児・者の支援において,多機関・多職種による連携の重要性は,支援に携わる専門家であれば心得ていることである。一方,ライ...

多職種連携支援 ①地域の専門行政機関の役割

Pharma Medica Vol.37 No.8, 21-27, 2019

鹿児島県こども総合療育センターが2010年に開設され,受診待機期間の長期化が問題になり対策を検討した。予約を本人家族からではなく...

12.骨粗鬆症リエゾンサービスとその意義

THE BONE Vol.32 No.3, 87-89, 2019

骨粗鬆症性骨折減少のためには,高リスク群の抽出とともに慢性疾患管理が必要となる.対象年齢が後期高齢者・超高齢者が中心となる骨...

チーム医療の在り方

Pharma Medica Vol.37 No.4, 65-68, 2019

チーム医療を円滑に進めるためには,患者・家族を中心に,医療スタッフ各職種が,おのおのの専門性を理解し,チームメンバーが対等で...

1.日本サルコペニア・フレイル学会設立の経緯と社会へ果たす役割

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 4-6, 2017

平成26年2月に設立された日本サルコペニア・フレイル研究会が,平成28年9月に一般社団法人日本サルコペニア・フレイル学会として生ま...