記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

総説「脳腫瘍関連てんかんの薬物療法」

1 - 10件目 (全21件中)

(座談会)肺うっ血と体うっ血:病態,診断から治療まで

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 7-13, 2016

心臓のポンプ機能が低下すると,血圧や血液循環を保つために神経体液性因子が亢進し,代償機構が働く。左心のポンプ機能低下により起...

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 6, 2016

肺うっ血と体うっ血,これらはそれぞれ左心不全,右心不全の後方障害の病態と位置付けられる。呼吸困難が肺うっ血の代表的な症状であ...

ループ利尿薬と塩分補充

Salt and diuretics in the management of heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.4, 37-43, 2015

「Summary」心不全における塩分と利尿薬の関係は実に興味深い。古くから心不全管理には塩分制限が必要とされてきたが,最近は過度な...

体液過剰是正のための方策:薬物療法

Decongestion strategy for treatment of heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.1, 47-53, 2015

「Summary」1960年代,心不全は体液貯留からの臓器うっ血が主病態と考えられており,治療は利尿薬によるうっ血の解除(decongestion...

塩分制限

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 67-72, 2014

[Q1うっ血症状を伴った中等度の心不全の急性増悪期の食塩制限についてどう考えますか。次のうちから1つお選びください。](1)...

(座談会)心臓外科周術期の体液管理

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 7-12, 2014

手術手技や周術期管理の進歩により心臓外科手術の成績は向上しているが,高齢者や心・腎機能低下症例などの重症例に対する開心術も増...

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 6, 2014

私たち循環器内科医が体液管理を行う対象の多くは,心臓疾患を有した慢性心不全患者である。慢性心不全が何らかのきっかけで急性増悪...