記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全13件中)

まれな画像所見を呈した巨大肝細胞癌の一例

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.1, 5-11, 2018

肝細胞癌(HCC)は慢性肝疾患を背景に発生することが多く,85%がC型肝炎ウイルス(HCV)またはB型肝炎ウイルス(HBV)のウイルス性...

肝臓における老化の進行を遅らせることはできるか?

Is it possible to delay aging of a liver?

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.6, 55-60, 2015

「はじめに」平均寿命が延長したことで,老化に対して多くの人が関心をもっており,老化とともに発症する疾患の予防や老化の進行を遅...

総論 トルバプタンの治験成績

Clinical evidences of tolvaptan

Fluid Management Renaissance Vol.4 Suppl., 57-64, 2014

「Summary」肝性浮腫には既存の利尿薬が投与されてきたが,効果不十分な症例が存在する。水利尿薬トルバプタンは,2013年9月に世界で...

(座談会)肝性浮腫治療におけるトルバプタンへの期待

Fluid Management Renaissance Vol.4 Suppl., 6-14, 2014

国内に約27万人存在するとされる肝硬変患者の約3分の1は手足の浮腫や腹水などの体液貯留による問題を抱えている。肝硬変における体液...

トルバプタンによる肝性浮腫の改善効果

Tolvaptan for improvement of hepatic edema: a phase 3, multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Sakaida I, Kawazoe S, Kajimura K, et al ; ASCITES-DOUBLEBLIND Study Group. Hepatol Res 44: 73-82, 2014

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 65-66, 2014

「要約」肝硬変患者における肝性浮腫は,門脈圧亢進症に付随して起こる末梢血管拡張などから始まり,結果的に水・Naの腎臓での再吸収...

骨髄由来細胞を用いた肝線維化改善療法

血管医学 Vol.15 No.2, 61-64, 2014

[Summary] われわれは肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法(ABMi療法)の臨床研究を行ってきた. その結果, 肝硬変症治療において骨髄...

Ⅰ.現在実現化に最も近い,外科領域における再生医療研究 骨髄細胞を用いた低侵襲な肝臓再生療法の開発

The development of a less-invasive regeneration therapy usig bone barrow cells

Surgery Frontier Vol.21 No.1, 19-23, 2014

「Summary」 すでに進行した非代償性肝硬変症や, 重症肝疾患の現時点における根治療法は肝移植しかないのが現状であり, ドナー不足や...

第8回優秀演題論文集 Session2 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療の予後因子の検討

The Liver Cancer Journal Vol.5 No.4, 66-67, 2013

[はじめに] ソラフェニブ治療は複数の施設より治療成績や予後因子の検討について報告されており, また良好な臨床経過が得られた症例...

特集にあたって

The Lipid Vol.21 No.3, 14-15, 2010

世界にはまだまだ飢餓で多くの人々が苦しんでいる. 生物は常に飢餓に対応できるように進化してきたと考えられる. 飢餓に陥り脂肪組織...