記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全104件中)

新着食道胃接合部癌に対する集学的治療

胃がんperspective Vol.11 No.1, 14-20, 2020

食道胃接合部腺癌に対する手術術式の決定には,腫瘍中心位置を元にしたSiewert分類が用いられることが多いが,世界標準といえるよう...

Liquid Biopsyの最先端

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 63-68, 2019

Liquid Biopsyは治療経過に伴う遺伝子発現の変化を低侵襲で簡易に評価できるため,近年注目を浴びている。代表的な解析対象として血...

解明されるがんにおける細胞老化の役割

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 58-62, 2019

細胞老化は本来細胞のがん化に対する防御機能であると考えられてきたが,細胞老化ががん化のメカニズムにもなることが分かってきた。...

大腸癌におけるlncRNAの機能

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 50-53, 2019

今世紀に入って大規模なトランスクリプトーム解析が行われるようになり,ヒトゲノムの全貌が明らかになるにつれて,今まで転写の際に...

解明される癌幹細胞の分裂制御メカニズム

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 46-49, 2019

癌幹細胞は静止期に留まっているために,増殖能の亢進した癌細胞の細胞周期を阻害する従来の治療法は効果が乏しく,再発や転移の原因...

癌におけるエクソソームの機能解明

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 59-63, 2018

エクソソームの発見は1980年代と古く,細胞の排泄器官であると考えられてきた。近年,エクソソームのなかに含まれるタンパク質やRNA...

大腸癌と炎症性サイトカイン

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 54-58, 2018

炎症は,発癌や癌の増殖,浸潤,転移など,腫瘍発育のさまざまなStageで重要な役割を担っている。慢性炎症は大腸癌発生のリスク因子...

オートファジーの制御機構について

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究...

いまさら聞けないEMT(epithelial-mesenchymal transition):基本的概念から最新の知見まで

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 54-57, 2017

上皮間葉転換(epithelial-mesenchymal transition;EMT)とは上皮細胞が間葉系細胞の形質を獲得する現象であり,初期胚の発生,臓器...

抗EGFR抗体薬の耐性メカニズムと今後の展望について

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 52-57, 2017

癌の特定の遺伝子に対する分子標的治療薬の研究が進んでいるなか,大腸癌において抗EGFR抗体薬はKRAS野生型症例の予後を改善すること...