記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全43件中)

サルコペニアと摂食嚥下障害 4学会合同ポジションペーパー

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 67-84, 2019

標記の通り,サルコぺニアと嚥下障害に関する現状での諸問題を整理し,本学会は日本摂食嚥下リハビリテーション学会,日本嚥下医学会...

声とアンチエイジング

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 70-75, 2019

声の老化は誰にでも起こる1)。50歳前後から発生し,徐々に弱く,ハスキーな声になり,これは男性に顕著である。女性の...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.26 No.1, 15-16, 2018

今回の特集は,「歩行障害・認知症をともなう下部尿路症状(LUTS)の診方」です。歩行障害と認知症は,高齢患者さんに非常に多いもの...

高齢者医療におけるポリファーマシー対策

Pharma Medica Vol.36 No.7, 56-59, 2018

近年特に高齢者におけるポリファーマシーの問題が取りざたされています。ポリファーマシーとは薬を多種類併用することで、薬による有...

6.サルコペニアの摂食嚥下障害

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 29-33, 2017

サルコペニアの摂食嚥下障害とは,全身および嚥下関連筋の筋肉量減少,筋力低下による摂食嚥下障害である。老嚥とは,健常高齢者にお...

パーキンソン病と嚥下障害

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.4, 46-50, 2017

Q1:パーキンソン病における嚥下障害は臨床的にどのような意味をもつか?Q2:患者さんが食事中にむせないということで,誤嚥がな...

誤嚥性肺炎が患者の予後に及ぼす影響

Pharma Medica Vol.35 No.8, 17-20, 2017

先進国のなかでも群を抜いて高齢化率が高いわが国において,高齢者の肺炎による死亡率は著しく上昇している。高齢者の肺炎は誤嚥性肺...

パーキンソン病での自律神経症状

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 32-38, 2017

パーキンソン病(PD)は,黒質ドパミンニューロンなどの変性に伴い,運動障害を来す代表的な錐体外路疾患である1)。一...