記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 4件目 (全4件中)

起立着席運動は脳卒中の回復期患者の機能的予後を改善する

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 92-98, 2019

[目的]回復期リハビリテーション(リハ)における脳卒中患者への起立着席運動(起立Ex)の臨床効果を検証する。[方法]

サルコペニアと摂食嚥下障害 4学会合同ポジションペーパー

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 67-84, 2019

標記の通り,サルコぺニアと嚥下障害に関する現状での諸問題を整理し,本学会は日本摂食嚥下リハビリテーション学会,日本嚥下医学会...

サルコペニア:定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 37-66, 2019

[背景]2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)によってサルコペニアの診断と治療を進めるために...

9.フレイル予防・介入法(運動・栄養・その他)

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 56-64, 2018

フレイルは可逆性があるため,早期発見と,適切なタイミングでの予防や介入が重要である。身体的フレイルの予防・介入の中心は運動と...