記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.3, 10, 2020

思春期は,小児期から性成熟期に向けての移行期であり,身体面では二次性徴の出現から性成熟まで急激な変化がみられる。しかし,社会...

生殖医療と法制化

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.3, 77-82, 2016

「Summary」近年の生殖補助医療の進歩には瞠目に値するものがあり,それら新しい技術を適切に運用するためには,ガイドラインなどの...

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.34 No.4, 7-8, 2016

生殖医療は人の生命の誕生にかかわる医療であることから,通常の臨床医学とは本質的に異なった倫理観が必要となる。それは生殖医療が...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.22 No.3, 10, 2015

生殖とは生命体がこの世に現れて以来,連綿と繰り返してきた生命の保持を目的とした極めて重要な行為である。ヒトは生殖により次世代...

凍結保存に関わる医学的・倫理的問題点

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.2, 47-52, 2013

「Summary」生殖系列細胞の凍結保存が可能となり多くの患者に福音がもたらされた一方で, さまざまな問題が起こっている. 精子を用い...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.2, 10-10, 2013

精子, 未受精卵子, 胚などの生殖系列細胞の保存は, 生殖補助医療の実施において重要な意義を有している. 細胞を長期保存するためには...

子宮内膜の粘膜免疫機構

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.1, 39-44, 2013

「Summary」子宮は生命を育み誕生させる神秘的な臓器であり, いまだに多くの謎を秘めている. その本体をなす子宮体部においては内膜...

子宮内膜・子宮筋の幹細胞

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.1, 6-9, 2013

「はじめに」ヒト子宮内膜は, 初経から閉経まで約450回以上の月経現象を繰り返すきわめて再生能力の高い組織である. 一方, 子宮全体...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.1, 10, 2012

 母体にとって免疫学的異物である胎児が拒絶されることなく,生着するためには免疫学的寛容をはじめとする妊娠維持機構が作用してい...