記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

がん患者における妊孕性温存の論理と倫理

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 71-75, 2016

がん患者の妊孕性温存のために,未受精卵子や卵巣組織の医学的適応による凍結保存を提供する際には,丁寧で十分な説明と配慮により患...

妊孕性温存療法

(1)卵子・胚の凍結

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 25-30, 2016

悪性腫瘍に罹患した女性の妊孕性温存法として卵子凍結や胚凍結を行う場合,限られた時間を使って患者に与える原病再発リスクを最小限...

未受精卵子凍結

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.3, 55-61, 2016

「Summary」ガラス化凍結法の確立により,それまでの緩慢凍結法では困難と思われていた未受精卵子凍結保存がほぼ100%の生存率で可能...

卵子および卵巣組織の凍結

Cryopreservation of oocytes and ovarian tissue.

Pharma Medica Vol.34 No.4, 25-30, 2016

「はじめに」癌診療と妊孕性温存の両立を目指す「oncofertility(癌・生殖医療)」の一環として,思春期以降の未婚女性では,未受精...

卵子の凍結保存

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.2, 33-39, 2013

「Summary」卵子の凍結保存は, がん診療と妊孕性温存の両立を目指す「oncofertility(がん・生殖医療)」にとって重要な技術の1つであ...

卵子・卵巣の凍結保存

Pharma Medica Vol.27 No.5, 31-34, 2009

「はじめに」卵子・卵巣凍結は悪性腫瘍患者の妊孕性温存に不可欠な技術であり, 研究段階から治療へと移行しつつある. 現に成熟卵子凍...