記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全684件中)

うつ病と認知症の関係

②うつ病診療医の立場から

Pharma Medica Vol.38 No.8, 15-20, 2020

うつ病,特に高齢者のうつ病患者を長く診療していると,うつ病が認知症に移行しやすいことを実感する精神科臨床医は少なくないであろ...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

3.脂肪肝の成因

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 39-41, 2020

脂肪肝には大滴性脂肪肝と小滴性脂肪肝があり,通常は脂肪肝とは大滴性脂肪肝を指す.脂肪肝の最も多い成因は肥満(いわゆるメタボリ...

間質性肺炎の食事療法

Pharma Medica Vol.38 No.3, 74-77, 2020

間質性肺炎とは、主に肺胞を取り囲む肺間質にさまざまな原因からなる炎症や線維化が起こる疾患の総称です。炎症が進むと肺胞の壁の部...

Ⅱ 合併症の対応 間質性肺炎合併肺がん

Pharma Medica Vol.38 No.3, 43-46, 2020

間質性肺炎(interstitial pneumonia:IP)は肺がん発生の危険因子である。特に特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF...

Ⅱ 腰痛診療 ③慢性腰痛に対する集学的治療

Pharma Medica Vol.38 No.1, 33-37, 2020

腰痛は男性では最も多い,女性では肩こりに次いで多い症状であり,難治化する例も少なくない。非特異的腰痛の臨床経過を研究したレビ...

2.(2)疫学,リスクファクター

Frontiers in Dry Eye Vol.14 Suppl.1, 11-12, 2019

ドライアイの研究は,この10年間で大きく進展し,特に基礎研究の分野で多くの研究が行われ,病態メカニズムが研究成果から説明される...

がん自体による血栓形成のメカニズム

Cardio-Coagulation Vol.6 No.4, 42-48, 2019

がんは血小板-血液凝固系-線溶系を巧みに利用することにより増殖し,浸潤,転移する。がんの進展に伴う止血機構の破綻は,宿主に血...

2 AGEsと心血管病

WHITE Vol.7 No.2, 16-21, 2019

アテローム性動脈硬化症の危険因子として,喫煙,高血圧,脂質異常症,糖尿病などが知られており,中でも糖尿病は冠動脈疾患,脳血管...