記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

肝細胞癌のゲノム医療を目指して

②肝細胞癌におけるdriver mutationとmutation burden

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.1, 25-29, 2019

次世代シークエンサーの普及およびデータ解析技術の進歩により,ゲノム配列のハイスループットな解析が容易なものとなり,悪性腫瘍を...

第6回優秀演題論文集 Session1 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ単剤療法における病勢進行後のソラフェニブ継続投与症例の検討

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.4, 77-79, 2012

「はじめに」2007年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)においてソラフェニブのSHARP試験の結果が公表されて5年が経過したが, 進行肝細胞癌にお...

第5回優秀演題論文集 Session12 ポリコーム群遺伝子産物EZH2の肝癌治療標的分子としての有用性の検証

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.2, 84-85, 2012

「背景と目的」幹細胞における分化制御ではヒストン修飾を介した転写制御が行われており, これらはエピジェネティックと呼ばれる, 塩...

肝癌

THE GI FOREFRONT Vol.7 No.1, 27-30, 2011

肝癌は慢性肝疾患を背景として発症することが多く,また治療後の再発率も高いことから,難治癌の1つとして認識されている。HBV また...

第4回 癌幹細胞の発生・維持機構

Frontiers in Gastroenterology Vol.16 No.3, 62-67, 2011

Summary  癌幹細胞研究は,さまざまな癌における癌幹細胞の分離・同定から,癌幹細胞の特性解析および維持機構の解明へと展...

癌幹細胞の維持に働く遺伝子

Surgery Frontier Vol.16 No.1, 7-14, 2009

「Summary」癌幹細胞研究の進歩に伴って, 癌幹細胞が有する特徴が明らかにされつつある. 癌幹細胞は癌治療における本質的なターゲッ...