記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

トピック 血糖値スパイク

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.3, 71-75, 2018

最近テレビなどで時々耳にするようになった「血糖値スパイク」という言葉をご存知だろうか? 食後の急激な血糖上昇とそれに引き続く...

α-GI薬で心血管疾患リスクは低下するのか

Pharma Medica Vol.36 No.6, 33-36, 2018

α-GI(α-glucosidase inhibitor)薬は文字通り,α-グルコシダーゼを阻害することにより,腸で二糖類が単糖に分解されるのを防ぎ,グル...

第18回日本心不全学会学術集会

2014年10月10日(金)~12日(日):大阪

Angiology Frontier Vol.14 No.1, 64-66, 2015

2014年10月10日(金)~12日(日)の3日間,国立循環器病研究センター臨床研究部部長 北風政史先生の会長のもと,第18回日本心不全...

Na利尿ペプチドのエビデンス

Natriuretic peptides

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.3, 64-70, 2014

[Summary] わが国で開発された急性心不全治療薬であるカルペリチドは, 生体内に存在するヒト型心房性Na利尿ペプチドであり, 心房負荷...

CKDにおける電解質異常と動脈硬化

Electrolyte abnormalities and arteriosclerosis in chronic kidney disease

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.1, 45-49, 2014

「Summary」近年, 慢性腎臓病(CKD)は単に腎臓の疾患であるだけでなく骨ミネラル代謝異常をきたす全身疾患(CKD-MBD)として注目されて...

カルシウム拮抗薬

The Lipid Vol.24 No.2, 43-50, 2013

[Summary] カルシウム拮抗薬の降圧効果は最も確実で, 臓器血流が維持され, 重篤な副作用や禁忌が少ないことから高血圧治療の第一選択...

心血管リスク症例における海外での報告

Diabetes Frontier Vol.23 No.1, 53-58, 2012

「はじめに」新たに診断された2型糖尿病患者を, 従来療法群と強化療法群の2群に無作為に割り付け, 心筋梗塞や脳卒中などの大血管障害...

ERストレスと急性冠症候群

血管医学 Vol.9 No.4, 45-50, 2008

小胞体(endoplasmic reticulum;ER)ストレスは, タンパク質合成の重要な細胞内小器官であるERに障害が加わった際に起こる応答反応で,...