記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 5件目 (全5件中)

Gd-EOB-DTPA造影MRIは肝癌の診療をどのように変えたか?

The Liver Cancer Journal Vol.9 No.1, 15-23, 2017

肝細胞癌(HCC)の画像診断には,超音波,CT,MRIが使用され,実地診療における診断能の向上をもたらしている。なかでもGd-EOB-DTPA...

肝細胞癌におけるradiogenomicsの現況:Gd-EOB-DTPA造影MRIを中心に

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.2, 37-43, 2015

「はじめに」分子・遺伝子解析技術が急速に進歩し,診断,予後予測,治療や治療効果判定におけるバイオマーカー(biomarker)として...

画像・分子マーカーから早期肝細胞癌の悪性度を考える

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.1, 19-29, 2014

肝細胞癌(hepatocellular carcinoma; HCC)に対する治療法選択において, 腫瘍サイズ・腫瘍数, 肝機能評価などに加えて, HCCの分化度・...

第48回日本肝癌研究会

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.4, 65-68, 2012

「はじめに」2012年7月20~21日, 石川県立音楽堂およびANAクラウンプラザホテル金沢にて第48回日本肝癌研究会が開催された. 肝癌診療...

肝細胞癌のGd-EOB-DTPA造影MRI像:トランスポーターの発現を中心とする分子病理学的背景について

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 39-44, 2010

「はじめに」Gadolinium-ethoxybenzyl-diethylene-triamine-pentaacetic acid(EOB・プリモビスト(R):以下, Gd-EOB-DTPA)はダイナミ...