記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全690件中)

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.7, 7, 2020

現在,生涯でがんに罹患する確率は,約50%と試算され,2人に1人は,がんに罹るといわれている。近年では,従来の外科治療や放射線...

転移・再発乳癌における免疫関連マーカーの意義

CANCER BOARD of the BREAST Vol.6 No.1, 34-36, 2020

早期乳癌の予後には,癌に対する免疫応答が関与している。例えば化学療法を施行したTN(estrogen receptor:ER陰性・human epidermal...

第31回

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 50-54, 2020

今回は2019年下半期に掲載され,研究最前線にいる消化器病医に最もインパクトの大きかった論文を選んでいただき,疾患バランスを考慮...

Q1 ホルモン依存性閉経前乳癌に投与するタモキシフェンの婦人科生殖器に与える影響について教えてください。/Q2 悪性腫瘍で化学療法を行う閉経前患者に対する卵巣保護について教えてください。

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.2, 51-54, 2020

タモキシフェン(TAM)は,乳腺のエストロゲン受容体に結合し,抗エストロゲン作用を示すことにより癌細胞を抑制する1)...

性ホルモン依存性悪性腫瘍

(3)進行前立腺癌におけるホルモン療法の変遷と最近のTopics

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.2, 43-48, 2020

進行前立腺癌に対してはホルモン療法が行われるが,多くの症例で数年後に去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)となる。CRPCでは,アンドロゲン...

第10回 胃癌の化学療法

胃がんperspective Vol.11 No.1, 60-65, 2020

父が横浜で胃腸科医院を開業していた1970年代初めの医学生の頃,当時東京医科歯科大学の星 和夫先生が来られて,父とともに胃癌の手...