記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全1116件中)

大規模医療データサイエンスのさらなる発展を期待して

―特集にあたって―

The Lipid Vol.30 No.3, 11, 2019

医学と現場医療がevidence-based medicine(EBM)時代に入って久しい.現在,多くの疾患についてガイドライン作成が花盛りであり,現...

冠動脈疾患,今世紀と共に去りぬ

The Lipid Vol.30 No.3, 1, 2019

先進国における成人の死因の原因の25%は動脈硬化性のプラークが原因で血管が閉塞する冠動脈疾患である.100年も前から臨床的に知ら...

脳梗塞のマネジメントについて教えてください

Frontiers in Haemophilia Vol.6 No.1, 31-32, 2019

脳梗塞の大多数は,動脈硬化を基盤として,血栓が脳動脈を閉塞することにより発症する.脳梗塞は一旦発症すると永続的な後遺症を残す...

血友病患者と血栓症

Frontiers in Haemophilia Vol.6 No.1, 4-15, 2019

天野 血液凝固因子製剤の進歩および定期補充療法の普及により,血友病患者さんの生命予後は著しく改善しました.このため平...

マイクロバイオーム研究の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 56-63, 2019

各種がん領域において免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が非常に注目されている。しかし,効果が得られる患者は一部であり,稀では...

Ⅱ.全身代謝とイムノメタボリズム

3.視床下部炎症とイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 55-60, 2019

動脈硬化症は炎症性疾患である,というパラダイムシフトから30年,今,肥満症をはじめとする代謝疾患における慢性炎症の病因論的意義...

Ⅱ.全身代謝とイムノメタボリズム

2.イムノメタボリズムにおけるRNAネットワークの役割

The Lipid Vol.30 No.2, 48-54, 2019

過栄養・肥満が,インスリン抵抗性,糖尿病,動脈硬化などのメタボリック症候群を誘発することがわかり,その関係を説明する分子的解...

臨床 動脈硬化性疾患と腸内細菌叢

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 29-32, 2019

ヒトは血管と共に老いるといわれており,動脈硬化性疾患はわが国において死因の第2位,約30%をも占める。死に至らずとも,心筋梗塞...