記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全1138件中)

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と心血管疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 57-60, 2020

腸内細菌と肥満・糖尿病などの代謝性疾患や炎症性腸疾患との関連が報告され,腸内細菌への介入により疾患を予防・治療する研究が進め...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と肝胆道系疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 13-15, 2020

ヒト消化管には約1,000種の腸内細菌が100兆個以上存在し,腸内細菌のもつ総遺伝子数は,ヒト遺伝子数の約150倍と見積もられる。腸内...

高齢者の動脈硬化予防の食事療法

Pharma Medica Vol.38 No.10, 74-77, 2020

冠動脈疾患や脳血管障害などを引き起こす動脈硬化性疾患の危険因子としては、加齢、性差(男性、女性の場合は閉経後)、喫煙、肥満(...

高齢者における薬物治療

Pharma Medica Vol.38 No.10, 53-56, 2020

動脈硬化は多くの危険因子により複合的に進行するため,これらの危険因子に対し,食事・運動療法や禁煙などの生活習慣指導,および薬...

動脈硬化性疾患予防のための栄養療法

Pharma Medica Vol.38 No.10, 43-47, 2020

高齢者においては,動脈硬化性疾患の既往をもつ者,あるいは既往がなくても冠動脈硬化や脳梗塞,腎動脈硬化があるが無症状でいる者の...

高齢者における喫煙と動脈硬化性疾患

Pharma Medica Vol.38 No.10, 35-38, 2020

喫煙ならびに受動喫煙の健康影響が明らかになるにつれ,医療現場や職域でも喫煙者に対する禁煙介入が進み,喫煙習慣がニコチン依存に...

動脈硬化性疾患予防のための高齢者CKD管理

Pharma Medica Vol.38 No.10, 29-33, 2020

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)は心血管疾患(cardiovascular disease:CVD)の高リスク病態であり,リスク低下のためにさま...