記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全22件中)

出血リスク症例における脳梗塞予防

―抗凝固療法や左心耳閉鎖術の位置づけ―

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 6-15, 2019

近年,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の登場により抗凝固療法のベネフィットを得る心房細動患者も増えてきた一方で,超高齢社会に突...

小児感染症における抗菌薬の投与期間について教えてください/ヘリコバクター・ピロリのスクリーニングは必要でしょうか/近年増加している梅毒について教えてください/AFPサーベイランスとは何でしょうか

up-to-date 子どもの感染症 Vol.6 No.1, 10-18, 2018

免疫正常者に対する抗菌薬の標準的投与期間は,感染症の種類,原因菌別におよそ決まっているが,必ずしもすべてエビデンスに基づいた...

JGSG進行状況報告1

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 57, 2015

「1 薬物性の消化管傷害の実態調査について」薬物性・薬剤性の出血性潰瘍の実態について調べるため,「jgsg.jp」のホームページ内よ...

2 H. pylori除菌がGERD発症にどのように影響するのか

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 22-25, 2015

H. pylori感染は胃酸分泌との関わりからGERDの影響因子である。実際,H. pylori感染率とGERD有病率については相反する関係にあり,H....

報告 3.その他のJGSG Project進行状況報告

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.2, 47-48, 2014

現在,進行中あるいは計画中のJGSG共同試験①薬剤性消化管傷害の実態とアンケート調査,②40歳未満の若年H.pylori感染者を対象とした...

臨床からみた疫学

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 12-15, 2014

NSAIDsはCOX-1を介する間接的傷害と直接的な傷害機序により全消化管に様々な傷害を引き起こす. NSAIDs使用者では, 上部消化管出血の...

これからの胃がんの検診はどうあるべきか

THE GI FOREFRONT Vol.9 No.2, 41-58, 2014

「1 胃がんX線検診の歴史とこれまでの成果」加藤(元) 今回は, 「これからの胃がんの検診はどうあるべきか」というテーマで座談会を行...