記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

Ⅲ.CKDと抗血栓療法 3.CKDにおける抗血栓療法の新たな展開

血栓と循環 Vol.21 No.2, 49-55, 2013

「論文のポイント」[1]CKDでは血液凝固・線溶系の異常があり, CKDは心血管病や脳卒中の発症における独立したリスクファクターである....

抗凝固療法と出血性副作用およびその予防策

脳と循環 Vol.16 No.3, 45-50, 2011

SUMMARY  抗凝固療法の出血性副作用の実態と,その対応策について解説する.急性期脳梗塞に対するヘパリンの投与は脳梗塞再...

血栓の増大・成長の病理基盤

血管医学 Vol.12 No.2, 13-19, 2011

Summary アテローム血栓症は,プラーク破綻に伴う閉塞性血栓の形成により発症する.しかし,プラーク破綻が必ずしも閉塞性血...

ワルファリンの中和方法

脳と循環 Vol.15 No.1, 67-69, 2010

「はじめに」ワルファリンによる抗凝固療法は, 心房細動, 弁膜症, 拡張型心筋症, および心室瘤における脳梗塞予防や, 卵円孔開存など...

ヘパリンとヘパリノイド

Pharma Medica Vol.27 No.1, 49-53, 2009

「はじめに」ヘパリンは, 血栓止血学のなかで最も古い生物学的薬剤のうちの1つで, 1916年に発見されて以後, 現在でも最も汎用されて...