記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全28件中)

ハイリスク症例に対する薬物療法マネージメント

CANCER BOARD of the BREAST Vol.5 No.1, 51-53, 2019

臨床研究は介入治療の効果や安全性を的確に評価するために,その対象には年齢や臓器機能などに制限を設けている。臨床研究により得ら...

2.PK/PDに影響する諸要因 3)Pharmacogenomics

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.2, 32-36, 2017

PK/PDには薬物代謝酵素,トランスポーター,薬物が作用する代謝経路の酵素,受容体,シグナル分子などが関与するが,これらはおのお...

2.PK/PDに影響する諸要因 1)薬物代謝酵素

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.2, 20-24, 2017

薬物代謝の多くにCYP450が関与し,生体にとって異物である薬物を,生体外に排泄させやすくする反応を触媒している。薬物代謝酵素は,...

特集にあたって

THE BONE Vol.30 No.4, 15-16, 2016

ビタミンD欠乏性くる病は19世紀から20世紀にかけて,多くの乳児が罹患するcommon diseaseであった.日光照射と肝油が有効であること...

1.抗血小板療法Up-To-Date

Antiplatelet therapy Up-To-Date

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 13-19, 2016

「Summary」経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の抗血小板療法は,冠動脈内血栓予防における標準的治療である。本邦では,アス...

癌幹細胞の浸潤転移制御における代謝の役割

大腸がんperspective Vol.2 No.4, 34-38, 2016

「Summary」癌幹細胞は造腫瘍能,自己複製能,治療抵抗性,浸潤転移能をもつまさに癌の悪性度を産み出す親玉であると考えられている...

ドライアイモデル動物における酸化ストレス

Frontiers in Dry Eye Vol.10 No.2, 16-21, 2015

「はじめに」眼表面は直接外界に面しているために,そこから様々な影響を受けている。これらは物理的,化学的,生物的要因に区分でき...