記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全18件中)

8.薬物療法の適応・各種薬剤の特徴と選択基準

The Lipid Vol.29 No.1, 69-75, 2018

薬物療法の適応に関して,「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」では5つのclinical question(CQ)を設定し,わが国の臨床研究...

IMPROVE-IT

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.3, 74-75, 2015

「はじめに」低比重リポ蛋白コレステロール(low density lipoprotein cholesterol:LDL-C)は冠動脈疾患の主要な危険因子である。19...

二次予防の層別化

The Lipid Vol.24 No.1, 60-66, 2013

[Summary] 冠動脈疾患の既往が心血管イベント発症(再発)の高リスク病態であることは明らかであるが, 二次予防のなかでも「より高リ...

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012 策定にあたって

The Lipid Vol.24 No.1, 14-22, 2013

「「高リスク病態の明確化」と「包括的なリスク管理」が改訂ポイント」[寺本] 本日は, 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版』...

(座談会)冠動脈疾患二次予防

CARDIAC PRACTICE Vol.24 No.2, 59-64, 2013

「はじめに」「木村」冠動脈疾患(coronary artery disease:CAD)の二次予防において, 高血圧, 脂質異常症, 糖尿病, 喫煙などの危険因...

山口洋(やまぐちひろし)

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.2, 100-101, 2012

山口洋先生は, わが国に選択的冠動脈造影法を導入し普及させたことで広く知られているが, 心尖部肥大型心筋症を世界に向けて初めて報...

(座談会)急性冠症候群の予後改善をめざして

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.2, 73-78, 2011

 木村(剛)(司会) 急性冠症候群(ACS)は動脈粥腫の破綻と血栓形成を基盤として急性心筋虚血を呈する臨床症候群であり,...