記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

解明されるSnailの機能

大腸がんperspective Vol.3 No.1, 42-45, 2016

[テーマ文献①]Hsu DS, Wang HJ, Tai SK, et al. Acetylation of snail modulates the cytokinome of cancer cells to enhance the ...

癌幹細胞の浸潤転移制御における代謝の役割

大腸がんperspective Vol.2 No.4, 34-38, 2016

「Summary」癌幹細胞は造腫瘍能,自己複製能,治療抵抗性,浸潤転移能をもつまさに癌の悪性度を産み出す親玉であると考えられている...

癌における解糖系酵素の制御とその働き

大腸がんperspective Vol.2 No.3, 49-53, 2015

[テーマ文献①]Patra KC, Wang Q, Bhaskar PT, et al. Hexokinase 2 is required for tumor initiation and maintenance and its sy...

Ⅱ.疾患特異的iPSの臨床 3.消化器疾患の治療を標的とした,疾患特異的iPSの臨床応用

Clinical relevance of induced pluripotent stem cell therapy for gastrointestinal diseases

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 46-50, 2015

「Summary」無限の増殖能ならびに多分化能を有する多能性幹細胞である胚性幹細胞(embryonic stem cell;ES細胞)や人工多能性幹細胞...

Question miR-26aの血管新生阻害効果について教えてください

Surgery Frontier Vol.22 No.1, 81-83, 2015

「Answer」microRNA(miR)は細胞内に存在する長さ21~25塩基長のnoncoding RNA(非翻訳RNA)であり,自身と相補的な配列をもつmRNA...

Question VEGFとEMT・癌幹細胞との関連について

Surgery Frontier Vol.21 No.4, 70-73, 2014

Answer「はじめに」1 癌幹細胞癌組織内が癌幹細胞を母体として発生しているという癌幹細胞説が白血病において報...

Question 癌と表面抗原(CD)の関係について教えてください

Surgery Frontier Vol.21 No.1, 96-98, 2014

「Answer」 「はじめに」 表面抗原とその検出用抗体の分類であるCD (cluster of differentiation)分類は, 主に血液系細胞とそれらと...

Question 抗癌剤感受性のゲノムマーカーについて

Surgery Frontier Vol.20 No.2, 112-114, 2013

「Answer」「はじめに」悪性腫瘍に対する化学療法は, 分子標的薬などの登場により近年大きく変革されてきた. しかし, 抗癌剤に対する...