記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全33件中)

3.日本人と欧米人のサルコペニア肥満の相違

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 16-21, 2020

インスリンには主に同化を促進する代謝作用が知られるが,骨格筋量については正に制御する方向に作用する。肥満や加齢はインスリン抵...

CDK4/6阻害薬の人種差

がん分子標的治療 Vol.17 No.2, 80-85, 2019

2019年のAmerican Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meetingでは,閉経前ホルモン受容体陽性かつHER2陰性進行乳がんにお...

特集にあたって

皮膚アレルギーフロンティア Vol.17 No.2, 5, 2019

さまざまな疾患に対する抗体製剤が登場するなかで,乾癬ではTh17系免疫反応を抑制すると,薬剤によって若干の差異はあるものの,おお...

4 サイトカインからみたアトピー性皮膚炎

皮膚アレルギーフロンティア Vol.17 No.1, 27-33, 2019

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis;AD)の病態は,皮膚バリアの破綻と,Th2型サイトカインの過剰産生で特徴付けられる.ADは,外...

子宮筋腫

CANCER BOARD of the BREAST Vol.4 No.2, 52-55, 2018

子宮筋腫は人種差があるものの女性の4人に1人はもっていると言われる1)-4)。顕微鏡学的なものを含めると約75%の女性...

Overview

WHITE Vol.6 No.1, 5-8, 2018

戦後間もない頃,乳がん罹患数は欧米に比べて極めて少なく,人種差があるかのごとく言われることもあった.しかしながら,高度経済成...

多発性硬化症の食事

Pharma Medica Vol.36 No.3, 84-87, 2018

多発性硬化症とは「中枢神経の白質のいたるところに炎症性の脱髄性病変が発生し(空間的多発性)、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返...