記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全11件中)

血管縫合および臓器の移植に関する研究(1912年)

Surgery Frontier Vol.20 No.1, 45-47, 2013

Alexis Carrelの名前を挙げて, いったいどれくらいの先生がご存じであろうか? 今回ノーベル賞と外科あるいは癌の特集を組むにあたっ...

Question WHOが規定している発癌性物質について

Surgery Frontier Vol.19 No.3, 118-120, 2012

「Answer」「はじめに」癌の発生には遺伝的要因と環境要因がともに重要であり, 年余にわたる相互作用により発癌に至ることが知られて...

抗癌剤感受性・副作用

Surgery Frontier Vol.19 No.1, 41-45, 2012

「はじめに」「くすり」の効き方には個人差があることが経験的に知られていた. この個人差は「くすり」が作用する目的蛋白の構造の差...

【特別寄稿】新時代の分子標的

―マイクロRNAの可能性―

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.1, 49-53, 2009

「はじめに」 マイクロRNAは22塩基の小RNA分子でありタンパクをコードしない新しいタイプの核酸である. 2000年以降, 多くのマイクロR...

第58回炎症と発癌 癌抑制遺伝子FHITによる炎症性発癌回避機構

Surgery Frontier Vol.15 No.3, 69-71, 2008

「はじめに」消化器発癌の一因として, 持続する炎症刺激がある. 例えば食道においては大量かつ長期間にわたる喫煙および飲酒は食道発...

Ⅲ.最近のトピックス マイクロアレイ解析による転移予測

Surgery Frontier Vol.14 No.4, 74-79, 2007

マイクロアレイを用いた包括的・網羅的遺伝子解析は, 癌患者の転移・予後予測に応用されている. 従来の病理組織学的分類を超える分子...

Ⅲ.最近のトピックス 癌幹細胞と転移

Surgery Frontier Vol.14 No.4, 60-66, 2007

癌幹細胞とは, 自己複製能と多分化能を有する癌細胞であり, 腫瘍形成の中枢を担っている. これらの細胞は, 強い抗癌剤耐性を有し, 癌...