記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

慢性心不全薬物治療の新しいトピックス

―イバブラジン,アンジオテンシン受容体・ネプリライシン阻害薬,SGLT2阻害薬―

Pharma Medica Vol.36 No.12, 31-36, 2018

数ある慢性心不全治療薬のなかでこれまでに大規模臨床試験で予後改善効果が確立しているのはアンジオテンシン変換酵素(angiotensin c...

身体所見,胸部レントゲン写真,心電図によるうっ血の評価

The evaluation of congestion by physical examination, chest radiograph and electrocardiogram

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 19-24, 2016

「Summary」うっ血性心不全は,問診による症状と身体所見を中心としたFramingham診断基準により診断される。1971年に米国で発表され...

プラークの不安定化と血小板・白血球の活性化

The Lipid Vol.25 No.2, 33-41, 2014

[Summary] 動脈硬化の発症・進展に炎症性機転が深く関与することが明らかとなり, 冠動脈疾患をはじめとする動脈硬化性疾患が炎症性疾...

9.その他 Q69 「血管不全」について教えてください

血栓と循環 Vol.19 No.1, 226-228, 2011

Answer はじめに  高血圧,糖尿病,脂質異常症,喫煙などの古典的危険因子やメタボリックシンドローム,慢性腎臓病,閉塞...

血小板由来マイクロパーティクルとatherothrombosis

血管医学 Vol.10 No.2, 43-48, 2009

「Summary」 血小板由来マイクロパーティクル(platelet-derived microparticle;PDMP)は, 血小板の活性化顆粒内容物の一部が血小板膜...