記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全119件中)

脳のアンチエイジングと認知症予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.6, 58-64, 2019

2015年の厚生労働省発表によれば,日本における高齢者総数は2,874万名であり,そのうち知的健常者は72%であるが,認知症予備軍の軽...

脳出血既往例や脳微小出血保有者に対する抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.6 No.3, 17-25, 2019

脳梗塞の一次予防,二次予防としての抗凝固療法は確立された治療であるが,エビデンスとなる大規模臨床試験の結果は頭蓋内出血イベン...

REAL-CAD試験

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 62-64, 2019

脂質低下療法は,危険因子を有する患者の心血管イベント予防に有効である。しかしながら,多くは海外の臨床試験によるものであり,発...

12.骨粗鬆症リエゾンサービスとその意義

THE BONE Vol.32 No.3, 87-89, 2019

骨粗鬆症性骨折減少のためには,高リスク群の抽出とともに慢性疾患管理が必要となる.対象年齢が後期高齢者・超高齢者が中心となる骨...

6.ステロイド性骨粗鬆症に対する薬物療法

THE BONE Vol.32 No.3, 51-57, 2019

わが国の2014年版のステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドラインでは,ステロイド性骨粗鬆症に対する無作為化比較対照試験ならびに...

【脊柱変形】骨粗鬆症性椎体骨折の予防と治療

Pharma Medica Vol.37 No.1, 37-40, 2019

骨粗鬆症性脊椎椎体骨折(以下,椎体骨折)は,脆弱性骨折による急性疼痛,続発する脊柱変形による慢性疼痛を引き起こす1)...

第40回日本血栓止血学会学術集会

Cardio-Coagulation Vol.5 No.3, 60-61, 2018

第40回日本血栓止血学会学術集会(JSTH)は,北海道大学大学院医学研究院免疫・代謝内科学教室 渥美達也教授を大会長に,初夏の北海...

リバーロキサバンの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 22-26, 2018

心房細動に伴う血栓塞栓症の予防において,抗凝固療法は必須の治療である。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)のなかで2番目に登場した...