記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全123件中)

緑内障の予後予測

Frontiers in Glaucoma No.59, 17-23, 2020

杉山 我々臨床家が緑内障診療において最大の問題と感じるのは,疾患の進行速度に個人差があり,患者さん個々の予後を予測す...

Ⅲ 間質性肺疾患研究の最前線 バイオマーカー研究

Pharma Medica Vol.38 No.3, 47-51, 2020

バイオマーカーとは,「通常の生物学的過程,病理学的過程,もしくは治療的介入に対する薬理学的応答の指標として,客観的に測定され...

【総説】Cytoreductive nephrectomy

~分子標的薬時代のサマリーとIO combo時代での位置づけ~

Pharma Medica Vol.38 No.2, 19-22, 2020

腎がんの有転移患者に対する原発巣摘除(cytoreductive nephrectomy:CN)の主な役割は,症状の除去によりQOLを向上させることや生命...

我が国のレシピエント適応審査の現状

THE LUNG perspectives Vol.27 No.4, 7-10, 2019

中央肺移植適応検討委員会は,全国の脳死肺移植実施9施設から選出される慢性呼吸不全症例の脳死肺移植適応審査を一括して行っている...

臨床 前立腺癌の予後予測因子

ESPOIR Vol.2 No.2, 23-29, 2019

昨今,前立腺癌の治療が複雑化している。また,最新のゲノム解析技術を用いた遺伝子パネル検査も保険収載され,今後ますます前立腺癌...

大腸癌薬物療法関連バイオマーカー研究の進歩と臨床応用

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 10-18, 2019

次世代シーケンサー(NGS)による網羅的な遺伝子解析が,がんの成因や病態に関する知識を飛躍的に増加させ,それと相まって標的分子...

急性白血病のゲノム異常

Pharma Medica Vol.37 No.10, 19-23, 2019

次世代シーケンサーの登場によって,主要な造血器腫瘍のゲノム異常のプロファイルはほぼ明らかにされている。ゲノム異常は腫瘍の分子...

NAFLD/NASHの画像による評価

Pharma Medica Vol.37 No.9, 23-27, 2019

非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)の患者数は近年増加の一途をたどっており,その数はわが国で...

1.施設入所高齢者にフレイル評価は必要か

A.施設入所高齢者にフレイル評価は必要

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 6-10, 2019

フレイルは脆弱な高齢者を捉える概念であり,わが国では介護予防の観点から前介護状態として位置づけられている。しかし,介護が必要...

基礎 前立腺癌の病理診断

ESPOIR Vol.2 No.1, 17-23, 2019

今日の前立腺癌診療において,Gleason grading法およびGleason scoreは最も重要な臨床病理学的予後予測因子である。その歴史的背景と...