記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全1709件中)

新着胆膵がんにおけるAI診断の可能性

胆膵 Oncology Forum Vol.1 No.1, 34-38, 2020

近年ディープラーニング(深層学習),人工知能やAI(artificial intelligence)という言葉を聞く機会が日常生活でも増えてきた。人...

第32回

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 84-90, 2020

本号では2020年上半期に一流誌に掲載され,インパクトの大きかった論文を5名の消化器病医に選んでいただき,解説をお願いした。今回...

5 膵がん化学療法

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 59-62, 2020

近年の新たなエビデンスとしては切除可能膵がんに対する術前化学療法としてのゲムシタビン塩酸塩/S-1併用療法の有効性ならびに切除不...

4 肝細胞がん

1)薬物療法

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 46-49, 2020

肝細胞がんに対する薬物療法は,切除手術,局所壊死療法や肝動脈化学塞栓療法(transcatheter arterial chemoembolization:TACE)な...

1 食道がん

2)ESD

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 23-26, 2020

食道がんに対するESDは,機器の開発,改良や手技の向上により,標準的な治療となりつつある。多施設前向き研究にて食道粘膜内がんEMR...

IBDのバイオマーカー最前線

Pharma Medica Vol.38 No.12, 61-64, 2020

炎症性腸疾患の診療は生物学的製剤の導入とともに大きく変化し,長期予後の改善に治療目標が置かれるようになってきている。そのため...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.11, 7, 2020

炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)は慢性あるいは寛解・再燃性の腸管の炎症性疾患を総称し,潰瘍性大腸炎とクローン病...

周産期の栄養管理

早産・極低出生体重児の栄養管理と神経発達

Fetal & Neonatal Medicine Vol.12 No.2, 17-22, 2020

周産期医療の進歩により,わが国の早産・極低出生体重児の救命率は世界的にみても高い水準にある。より未熟性が強く,体格の小さい早...

超早産児の脳室内出血(IVH)

Fetal & Neonatal Medicine Vol.12 No.2, 5-6, 2020

周産期管理の進歩で超早産児の予後は大幅に改善されたが,脳室内出血(IVH)は児の予後にとって依然として重要な病態である。日夜ハ...