記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全203件中)

乾癬のバイオマーカー研究最前線

Pharma Medica Vol.38 No.6, 57-60, 2020

乾癬のバイオマーカーとして日常臨床でCRPが使用されているが,疾患活動性を正確に反映せず治療薬の有効性を判断する根拠にはならな...

花粉症の皮膚症状とその治療

Pharma Medica Vol.38 No.4, 33-36, 2020

花粉症は症候群であり,花粉抗原により全身のアレルギー反応が出現する1)。症状の主体はアレルギー性鼻炎・結膜炎である...

間質性肺炎の食事療法

Pharma Medica Vol.38 No.3, 74-77, 2020

間質性肺炎とは、主に肺胞を取り囲む肺間質にさまざまな原因からなる炎症や線維化が起こる疾患の総称です。炎症が進むと肺胞の壁の部...

基礎医学とのダイアローグ

2.移植片対宿主病に対する間葉系幹細胞治療

THE LUNG perspectives Vol.27 No.4, 53-58, 2019

間葉系幹細胞(Mesenchymal stem cell: MSC)は,間葉系に属する体性幹細胞で,骨髄の間質細胞として,造血細胞の増殖や分化を支持す...

先天性サイトメガロウイルス感染症はどのように診断,対応したらよいでしょうか/百日咳ワクチンは,どのくらいの期間有効なのですか/肺炎マイコプラズマは,また大流行するでしょうか/RSウイルスはなぜ夏にも流行するようになったのでしょうか

up-to-date 子どもの感染症 Vol.7 No.1, 10-17, 2019

先天性サイトメガロウイルス(cytomegalovirus:CMV)感染の診断は,生後3週間以内の新生児の尿でのCMV核酸検出法(ポリメラーゼ連鎖...

ドライアイ

Pharma Medica Vol.37 No.12, 21-24, 2019

ドライアイは加齢性変化により病態の悪化を招く眼疾患であり,その有病率も年齢とともに増加する。ドライアイの自覚症状は,目が乾く...

私のドライアイ診療②

―北里大学北里研究所病院眼科―

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.2, 66-67, 2019

名古屋大学大学院在学中に,初めて参加した学会「角膜カンファランス」で,東京歯科大学市川総合病院眼科助教授だった坪田一男先生(...

私のドライアイ診療①

―くぼ眼科クリニック―

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.2, 64-65, 2019

私のドライアイ診療との出会いは,1998年に大阪大学医学部眼科学教室に入局後,派遣先の病院で堀裕一先生(現 東邦大学医療センター...