記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全178件中)

徹底した問診,共感により,患者さんに笑顔を

THE LUNG perspectives Vol.27 No.3, 76-79, 2019

私は幼少の頃から,重い小児喘息を患っていました.発作が起きるたび,病床からじっと天井を眺めては「なぜ自分は喘息になったのか」...

女性の薄毛─これまでとこれから─

WHITE Vol.7 No.1, 44-47, 2019

女性に生じる薄毛には種々の脱毛疾患があり得るが,一般的に「薄毛」として理解されているのは,正式な病名としては女性型脱毛症と呼...

Janet R. Sparrow

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 4-9, 2019

ジャネット・スパロウ先生は,網膜の光エイジングの世界的大家である。昨年の夏,「ブルーライトが失明原因になりうるのか」という報...

乾癬性関節炎を診る・知る・治す

Pharma Medica Vol.37 No.7, 87-90, 2019

乾癬性関節炎は乾癬患者の約15%に認められ,皮疹が10年程度先行する場合が多いが,同時発症や関節炎の先行発症もある。臨床像から遠...

患者様の満足度を高めるためのドライアイ診療とは

~医療スタッフによるコミュニケーション①~

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.1, 41-44, 2019

最近はCMや市販の目薬などの影響で,「ドライアイ」という言葉は極めて一般的なものとなり,治療法も進歩してきたように思う。しかし...

アイホットR

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.1, 20-21, 2019

アイホットRは,740nmの赤色光を真皮より深い皮下血管網に到達・吸収させることで血行を促進し,わずか1分間の使用であっても使用後1...

ドライアイ診療の今昔

乾性角結膜炎からドライアイへ

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.1, 8-15, 2019

木下 本日は,長年にわたりドライアイ診療に携わってこられた先生方をお迎えし,「ドライアイ診療の今昔 乾性角結膜炎から...

臨床 心不全と腸内細菌叢

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 33-37, 2019

日本人の死因において,心疾患は1985年に脳血管疾患に代わり第2位となり,その後も死亡数・死亡率ともに増加傾向が続き,厚生労働省...