記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全19件中)

肥満症治療薬の現状と展望

Pharma Medica Vol.35 No.11, 51-55, 2017

2016年に肥満症診療ガイドラインが改訂されたが,肥満症治療の基本は食事療法,運動療法,行動療法であり,薬物療法はそれらの治療を...

7. 肥満症の薬物療法

―適応・評価基準案を含めて―

The Lipid Vol.28 No.4, 57-61, 2017

2016年に改訂された肥満症診療ガイドラインによる減量目標は,肥満症では現体重からの3%減少,高度肥満症では5~10%減少とされた....

宮崎県における糖尿病治療薬処方の実態調査

Diabetes Frontier Vol.28 No.3, 339-344, 2017

多様化している糖尿病診療の現状を明らかにするため,宮崎県内の糖尿病専門医と非専門の内科医にアンケート調査を行った。治療目標値...

消化管ホルモンによる食欲調節

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 169-173, 2017

消化管は食物の消化や栄養素の吸収のみならず,多くの消化管ホルモンを分泌することでブドウ糖代謝,食欲,消化管運動,消化酵素や腸...

肥満とグレリン抵抗性

Obesity induces ghrelin resistance.

Pharma Medica Vol.34 No.5, 55-58, 2016

「はじめに」グレリンは,視床下部の食欲中枢に作用する摂食調節ペプチドのなかで,唯一末梢から分泌されて摂食を亢進させるペプチド...

特集にあたって

Introduction.

Pharma Medica Vol.34 No.5, 7-8, 2016

摂食は,中枢と末梢で産生される摂食亢進物質と抑制物質の相互作用により調節されている。恒常的摂食(homeostatic feeding)に調節...

摂食制御ホルモン(特にグレリンとGLP-1)の多面的作用

Pleiotropic Effects of Regulatory Hormones, Ghrelin and GLP-1, on Feeding Behavior

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.5, 36-41, 2015

「はじめに」グレリンに代表される摂食亢進作用をもつペプチドは,痩せを伴う高齢者にとって栄養障害の改善,筋蛋白同化を伴い,筋量...