記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全18件中)

運動器慢性疼痛の治療の実態と今後の治療体系のあり方

Locomotive Pain Frontier Vol.7 No.1, 5-13, 2018

近年,超高齢社会となったわが国において“健康寿命”が注目されるようになったが,問題は平均寿命と健康寿命との乖離である。長生きを...

運動器の再生医療が目指すものは?

再生医療 Vol.17 No.1, 1, 2018

山中伸弥教授がiPS細胞を発見して早10年が経ち,その間のノーベル賞受賞を機に再生医療に対する国民の関心が一気に高まり,私たちが...

iPS細胞を用いた脊髄再生医療の現状

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 48-50, 2017

ヒトiPS細胞由来神経前駆細胞を動物モデルの損傷脊髄に移植すると,組織の修復や機能の回復が得られる。その一方で,危険な細胞株を...

脊髄損傷における神経障害性疼痛

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 24-28, 2016

脊髄損傷後の神経障害性疼痛は,治療に難渋するケースも多く,患者のQOLを低下させる原因となっている。近年開発された国際脊髄損傷...

脊椎疾患による慢性疼痛の治療の実際

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 5-14, 2015

脊椎疾患による慢性疼痛は,日常診療で遭遇する機会の多い疾患であり,治療期間が長期化するとともに,治療に対する患者満足度が低く...

【臨床】学会賞 iPS細胞を用いた脊髄再生医療の実現

Realization of regenerative medicine for spinal cord injury using iPS cells

再生医療 Vol.13 No.4, 53-59, 2014

「はじめに」20世紀初頭の神経解剖学の巨星Santiago Ramon y Cajalも,晩年の著書の中で“Once development was ended, the fonts of ...

運動器慢性疼痛におけるニューロイメージングの進歩

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 5-12, 2013

近年,脳機能画像医学の目覚ましい進歩により,機能的磁気共鳴画像法(functional magnetic resonance imaging;fMRI)をはじめ,非...