記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

血栓性の肺高血圧症に対する治療の進歩

血管医学 Vol.17 No.3, 79-84, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の治療の中心は肺動脈内の器質化血栓を外科的に取り除く肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)...

6.静脈血栓塞栓症に対するNOAC/DOAC治療の課題と展望

Treatment of VTE with NOAC/DOAC : current issue and future perspective

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 50-58, 2016

「Summary」静脈血栓塞栓症(VTE)の治療の第一選択は抗凝固療法であり,従来から日本では未分画ヘパリンとワルファリンが使用されて...

第6回 静脈性浮腫の特徴と対策

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.2, 69-73, 2015

浮腫とは,組織間隔に生理的な代償能力を超えて過剰な水分が貯留した状態と定義され,体表面から腫脹してみえる状態をさす1)。浮腫の...

Ⅳ.血栓症診断のガイドライン 1.深部静脈血栓症

血栓と循環 Vol.21 No.1, 58-64, 2013

「論文のポイント」[1]深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症は1つの連続した病態であるとの考えから, これらを併せて「静脈血栓塞栓症」と呼...

静脈血栓塞栓症の治療におけるNOACの位置づけ

血管医学 Vol.14 No.2, 17-23, 2013

「Summary」静脈血栓塞栓症(VTE)の治療においては, 従来, わが国では未分画ヘパリンとワルファリンのみが使用されてきた. しかし近年...

周術期における深部静脈血栓の診断

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 25-31, 2008

深部静脈血栓症(deep vein thrombosis;DVT)は, 続発する肺血栓塞栓症が致死的となりうるため周術期の大きな懸案事項である. 診断アル...