記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全19件中)

ヒト人工多能性幹細胞加工製品の造腫瘍性に関して品質評価・非臨床評価の観点から考慮すべきポイント

再生医療 Vol.18 No.3, 88-97, 2019

近年,ヒト人工多能性幹細胞(hiPS細胞)に由来する再生医療等製品(hiPS細胞加工製品)の研究開発が活発化している。しかしながら,...

第82回 好奇心と感謝の心を忘れずに

THE LUNG perspectives Vol.26 No.3, 100-104, 2018

毎年受けていた健康診断で,肺機能検査の結果から「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の疑いがあるといわれたのは2016年の5月のことでした...

Question 国際疼痛学会(IASP)の『改訂版神経障害性疼痛薬物治療ガイドライン』(2015年)では,オピオイドが第三選択の治療薬に位置づけられています。この評価は,がん患者の神経障害性疼痛にも適用されるのでしょうか。

がん患者と対症療法 Vol.26 No.1, 74-79, 2015

「Answer」IASPガイドラインは主に非がん性の神経障害性疼痛に対する薬物療法の指針を示したもので,がん患者の神経障害性疼痛にその...

緩和ケアチームだからできる治療抵抗性疼痛の治療 ③有痛性骨転移に対する集学的治療

Multidisciplinary treatment for painful bone metastasis

がん患者と対症療法 Vol.26 No.1, 49-54, 2015

「Summary」骨転移はさまざまながんで生ずる。有痛性骨転移は体性痛と神経障害性疼痛,腫瘍の伸展に伴う皮質骨や骨膜への知覚神経の...

オピオイド鎮痛薬が必要な痛みの見分け方と適切なオピオイド鎮痛薬の導入方法

How to identify opioid-responsive pain and the appropriate way to introduce opioid analgesics

がん患者と対症療法 Vol.25 No.1, 9-14, 2014

「Summary」WHO方式がん疼痛治療法の5原則は,現在でもがん疼痛治療のスタンダードとなっている。そのなかでも,特にオピオイドの使...

Workshopテーマ1「胃炎についての京都国際コンセンサス会議」 4.胃炎の治療(Management of gastritis)

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.2, 28-30, 2014

ここでは胃炎の治療,および除菌後のフォローについて討論がなされた。除菌の対象は原則,感染者全員であること,除菌は萎縮,腸上皮...

開胸術後の慢性疼痛の緩和対策

Treatments of post-thoracotomy chronic pain

がん患者と対症療法 Vol.24 No.2, 46-50, 2013

「Summary」開胸術後痛は手術操作によって生じる神経障害性疼痛であり, 年余にわたって続くことも多い. 疼痛を緩和するためには, 神...