記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

改訂の要点―アルゴリズムから読み解く

排尿障害プラクティス Vol.23 No.2, 16-29, 2015

2005年に『過活動膀胱診療ガイドライン』が刊行されてからすでに10年が経過し,「過活動膀胱」「OAB(overactive bladder)」という...

排尿生理におけるNO作動性神経の役割

排尿障害プラクティス Vol.23 No.1, 12-18, 2015

一酸化窒素(nitric oxide;NO),環状ヌクレオチド一リン酸であるcAMP,cGMPは,下部尿路機能の調節に重要な役割を果たしている。Ph...

パーキンソン病の排尿障害(3)排尿障害の機能的脳画像

排尿障害プラクティス Vol.21 No.1, 23-29, 2013

パーキンソン病では, 約60%の患者に排尿障害がみられ, 頻尿・尿失禁などの蓄尿症状が多くみられる. 近年の機能的脳画像の急速な進歩...

尿失禁対策―抗コリン薬

排尿障害プラクティス Vol.20 No.3, 27-32, 2012

脊髄損傷の尿失禁の多くは反射性尿失禁と腹圧性尿失禁であり, 前者は排尿筋過反射, 後者は低コンプライアンス膀胱や内因性尿道括約筋...

グラフトを用いた尿道狭窄の治療

排尿障害プラクティス Vol.17 No.4, 47-53, 2009

再発性前部尿道狭窄や比較的距離のある狭窄の場合には, free graftを用いた治療が行われることが多い. Graftとしては口腔粘膜が最も...

脊髄損傷における新しい治療法の可能性

―Neuronal and Glial restricted precursors(NRP/GRP)移植の効果―

排尿障害プラクティス Vol.15 No.2, 47-52, 2007

神経とグリアの前駆細胞であるNeuronal restricted precursors(NRP)とGlial restricted precursors(GRP)を同時に脊髄損傷部位に移植...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.15 No.2, 7, 2007

「過活動膀胱(overactive bladder)」の定義が新しくなり, 侵襲的検査である尿流動態検査を行わなくても診断できるようになった. また...