記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全39件中)

SNPs

再生医療 Vol.19 No.1, 69-70, 2020

遺伝情報はアデニン(A),チミン(T),グアニン(G),シトシン(C)の4種類の核酸塩基によって構成されており,ヒトの全遺伝情報...

子宮内膜症・子宮腺筋症の病因・病態

(3)遺伝子・エピジェネティクス異常

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.1, 25-34, 2020

子宮内膜症・子宮腺筋症の発症には,遺伝子の異常や,後天的に変化しうるエピジェネティックな要因の関与が推察される。前者には一塩...

遺伝学的マーカーと心房細動アブレーション

Cardio-Coagulation Vol.6 No.4, 27-33, 2019

心房細動に対するカテーテルアブレーション治療はこの20年間で飛躍的に進歩し,現在はリズムコントロールの有力な治療選択肢となって...

(2)ゲノム解析研究の今:全ゲノムシークエンス

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 66-68, 2019

ヒトゲノム配列は,約30億個のATCGの4文字の情報が二倍体として合わさって構成されている。2003年に完成したヒトゲノム「参照」配列...

「緑内障と遺伝子」

①原発開放隅角緑内障の原因遺伝子

Frontiers in Glaucoma No.58, 59-61. 2019

緑内障の主要病型である原発開放隅角緑内障(primary open angle glaucoma:POAG)は遺伝要因が発症に関与することが知られており,...

緑内障における小胞体ストレス応答機構

Frontiers in Glaucoma No.56, 49-54, 2018

緑内障は,選択的な網膜神経節細胞死によって特徴付けられる進行性の多因子性神経疾患である1).不可逆性の網膜神経節細...

血管新生阻害薬のpharmacogenomicsバイオマーカー

がん分子標的治療 Vol.16 No.2, 33-36, 2018

血管新生阻害薬のための予測バイオマーカーの発見は,巨大な努力と投資にもかかわらず期待外れに終わっている。これまで血管新生阻害...