記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全33件中)

多系統萎縮症

Pharma Medica Vol.39 No.3, 33-37, 2021

多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA)は,主として線条体-黒質系,下オリーブ核-橋核-小脳系,自律神経系(迷走神経背側核,脊...

認知症の睡眠-覚醒障害の診立てと対応

Pharma Medica Vol.38 No.8, 47-51, 2020

認知症では睡眠-覚醒障害の罹患頻度がきわめて高く,難治性であり大きな介護負担をもたらすため,その対処は医学上の急務となってい...

レビー小体型認知症の初期症状

Pharma Medica Vol.38 No.8, 29-33, 2020

認知症の診断・対応において,早期発見は重要な課題であり,レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies:DLB)においても,初期診...

脳のアンチエイジングと認知症予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.6, 58-64, 2019

2015年の厚生労働省発表によれば,日本における高齢者総数は2,874万名であり,そのうち知的健常者は72%であるが,認知症予備軍の軽...

最新の診断法 ②DATスキャン

Pharma Medica Vol.37 No.4, 23-29, 2019

黒質線条体系の神経変性を伴うパーキンソン症候群には,パーキンソン病(Parkinson's disease;PD),多系統萎縮症(multisystem atroph...

最新の診断法 ①MIBG心筋シンチグラフィー

Pharma Medica Vol.37 No.4, 19-22, 2019

¹²³I-meta-iodobenzylguanidine(MIBG)心筋シンチグラフィーの臨床応用は,1994年のHakusuiらによる報告に始まる1)。彼ら...

【歩行障害・認知症とLUTS】アルツハイマー病・レビー小体型認知症とLUTS

排尿障害プラクティス Vol.26 No.1, 46-53, 2018

認知症の原因には,本稿で取り上げるアルツハイマー病,レビー小体型認知症や血管性認知症がある。各タイプによって下部尿路症状(lo...

【歩行障害・認知症とは】認知症の原因疾患と鑑別

排尿障害プラクティス Vol.26 No.1, 25-32, 2018

認知症の原因で最も多いものはアルツハイマー型認知症で,6~7割を占める。近時記憶障害と見当識障害で発症し,側頭葉内側面の萎縮が...

【歩行障害・認知症とは】歩行障害の原因疾患と鑑別

排尿障害プラクティス Vol.26 No.1, 18-24, 2018

歩行障害と認知症は,高齢者に非常に多い。人口の高齢化を受けて,歩行障害・認知症をともなう下部尿路症状(LUTS)患者さんが,今後...