記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

Ⅰ.フレイル 6.フレイルへの介入法

THE BONE Vol.31 No.3, 51-55, 2017

フレイルに対する介入法は主に運動ならびに栄養介入が報告されている.運動に関してはレジスタンス運動を中心とした複合運動介入が主...

4. 肥満症診療の概要:治療・管理指針

The Lipid Vol.28 No.4, 32-37, 2017

肥満症治療の目的は,食事・運動・行動療法を基本に体重の減少を図り,肥満に起因あるいは関連する健康障害を予防・改善することにあ...

サルコペニアを防ぐ:病態と治療

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 57-61, 2016

サルコペニアは筋肉量低下かつ筋力低下または身体能力低下と定義される。慢性閉塞性肺疾患(COPD)は慢性全身性炎症性疾患であり,呼...

筋肉でのテストステロン合成

The role of steroidogenesis in skeletal muscle

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 34-40, 2016

「はじめに」骨格筋は可塑性に富んだ組織であり,運動や不活動などさまざまなストレスに応答する。たとえば,レジスタンス運動は筋力...

糖尿病における骨格筋萎縮と運動の役割

Diabetes Frontier Vol.24 No.2, 191-196, 2013

[はじめに] 骨格筋は食事摂取時に糖質を取り込むことで血糖をコントロールし, グリコーゲンとして糖質を貯蔵する働きをもつ重要な組...

基礎 運動・加齢に対する骨格筋の適応

THE BONE Vol.24 No.2, 25-29, 2010

持久性運動やレジスタンス運動は, 主働筋に持久性パフォーマンスの向上や筋肥大を生み出す適応反応を誘発させる. 最近の研究により, ...