記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全28件中)

Cell free DNAを用いた治療戦略

がん分子標的治療 Vol.18 No.2, 95-98, 2020

腫瘍組織の生検は,がんの分子状態を調べるための標準的な診断法である。一方,リキッドバイオプシー,特にcell free DNAを用いた遺...

3 大腸がん

1)化学療法

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 37-41, 2020

大腸がん肝転移切除後患者を対象とした術後補助化学療法の有用性を検証した臨床試験(JCOG0603)およびMSI-Highを有する大腸がん患者...

リキッドバイオプシー実現のための装置開発

Pharma Medica Vol.38 No.7, 47-50, 2020

がんは長年にわたり日本人の死因第一位を占める疾患である(図1)。一方,がんは早期発見することで高い生存率が期待できる疾患でもあ...

尿中miRNAをバイオマーカーとしたがんの早期診断

Pharma Medica Vol.38 No.7, 39-42, 2020

近年の測定技術の発展により,血液や尿などの体液中のバイオマーカーを検出するリキッドバイオプシー(液体生検)の研究が急速に進んで...

エクソソームによる診断事業の開発と市場

Pharma Medica Vol.38 No.7, 35-38, 2020

エクソソームは,体のほとんどすべての細胞で産生・分泌され,近年までは細胞にとって不要な物質を排出するためのゴミ箱のようなもの...

CTC回収技術の開発とシングルセル核酸解析

Pharma Medica Vol.38 No.7, 13-17, 2020

がん細胞は遺伝的に不均質な細胞集団であり,治療に対して抵抗性をもつサブタイプが発生することにより,根絶を困難としている。近年...

免疫チェックポイント阻害薬の効果とctDNA

Pharma Medica Vol.38 No.7, 9-12, 2020

がんに対する新たな治療戦略としてがん免疫療法が注目され,なかでもPD-1/PD-L1阻害薬を中心とした免疫チェックポイント阻害薬(immun...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.7, 7, 2020

現在,生涯でがんに罹患する確率は,約50%と試算され,2人に1人は,がんに罹るといわれている。近年では,従来の外科治療や放射線...