記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全19件中)

分子機序に基づく肝癌の治療

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 13-20, 2019

肝癌は生物学的にheterogeneityがあり,従来のような病理学的な分化度や切除標本における肉眼形態による分類だけでなく,分子生物学...

胃がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 33-38, 2019

がんの分子生物学的特性の理解が深まるにつれ,胃がんにおいても分子標的薬の開発が進んでいる。現在,切除不能進行・再発胃がんに対...

第54回米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.2, 54-61, 2018

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は世界最大規模の癌治療に関する学術集会であり,最新の癌治療の成果が発表される。ASCOの発表に関する規則...

胃がんに対する2次治療以降の標準治療は?

がん分子標的治療 Vol.16 No.2, 106-108, 2018

『胃癌治療ガイドライン 医師用 2018年1月改訂 第5版』が出版された1)。2次治療としてはweeklyパクリタキセル(PTX)+...

血管新生阻害薬のpharmacogenomicsバイオマーカー

がん分子標的治療 Vol.16 No.2, 33-36, 2018

血管新生阻害薬のための予測バイオマーカーの発見は,巨大な努力と投資にもかかわらず期待外れに終わっている。これまで血管新生阻害...

ラムシルマブとはどのようなお薬ですか?

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 70-73, 2017

「Answer」ラムシルマブは,血管阻害剤として,胃がん,結腸・直腸がん,非小細胞肺がんに対して,有効性を示し,今後さらなる適応拡...

国際学会における大腸癌化学療法のトピックス

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 66-69, 2017

昨年1月21日~ 1月23日まで米国臨床腫瘍学会Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO GI2016)がサンフランシスコで開催されまし...