記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全447件中)

マクロファージに作用する食品の有効性

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.4, 44-49, 2020

マクロファージは体内の老廃物の処理や,病原菌に対する防御機能を担っている。その一方で,過剰なマクロファージの活性化は,多くの...

酪酸産生菌

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.2, 39-43, 2020

腸には,ヒトの細胞数の約37兆個よりはるかに多い100兆個もの細菌が棲んでいるといわれる。現在,腸内細菌叢についての研究が進展し...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌とNASH/肝臓がん

Pharma Medica Vol.38 No.12, 9-12, 2020

世界的なメタボリックシンドローム人口の増加に伴い,非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)および...

高齢者の動脈硬化予防の食事療法

Pharma Medica Vol.38 No.10, 74-77, 2020

冠動脈疾患や脳血管障害などを引き起こす動脈硬化性疾患の危険因子としては、加齢、性差(男性、女性の場合は閉経後)、喫煙、肥満(...

高齢者における肥満と動脈硬化性疾患

Pharma Medica Vol.38 No.10, 13-16, 2020

肥満はわが国ではbody mass index(BMI)≧25kg/㎡で定義される。加齢に伴い肥満を呈する者の割合は増加するが,平成29年国民健康・栄養...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.10, 7, 2020

わが国は2019年に高齢化率28.4%となり,世界一の長寿国である。関節リウマチのように比較的若年者に発症する疾患と異なり,心筋梗塞...

7.高齢者における骨格筋の量および質の変化と疾患リスク

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 39-44, 2020

近年,わが国では超高齢化社会となり,代謝血管疾患に対する加療のパラダイムシフトが起きつつある。例えば,メタボリックシンドロー...

うつ病と認知症の食事療法

Pharma Medica Vol.38 No.8, 62-65, 2020

Ⅰ.うつ病うつ病の治療は、心身の休息や環境調整、心理療法、薬物療法、通電療法などがあり、薬物療法の中心である抗うつ薬や気...